結婚祝いに植木って失礼になってしまうの?

友人や親せきが結婚することになった場合、何か贈り物をしなきゃと思っても悩んでしまう事が多いですよね。
結婚祝いを贈る際にはいくつか気を付けておきたいこともありますが、誤った情報を信じている方も居るのではありませんか?こんなものを結婚祝いに渡してしまったら縁起が悪いとか、失礼だとか。きちんとした情報を得て頭に入れておくことで、自信を持って渡すことが出来ますからしっかり覚えておきましょう。この際ですから、覚えておきたい部分についてはしっかり習得しておきましょう。今では、そう言ったことについて掲載されているサイトもあります。少しずつでも良いので頭に入れてから、どんなものを贈るのか選択肢を絞っていきましょう。選択肢を絞るためにもどのようなものが好ましいのか知る必要があります。


結婚祝いに植木は全く問題ない!

おめでたい席の時に植木をお祝いとして贈っている方が多いのは、皆さんもご存知でしょうか?
中には「結婚祝いに植木を贈るのは縁起が悪い、失礼なことだ」と怒っている方も見られますが、実は縁起が良いモノなのです。根をはっていくという幸福がいつまでも続きますように、という思いが込められている者なので縁起が良いモノなのです。何故悪いイメージがついてしまっているのかというと、それは恐らくお見舞いの時に渡してはいけないというのが混ざってしまっているためではないかと言われています。確かにお見舞いに植木や鉢植えは良くありません。しかし、結婚祝いとして贈るのは何の問題もありませんから安心して下さい。ちなみに、植木だけではなくて観葉植物も縁起物として贈っている方が多いのだとか。誤った知識を身に付けないよう、この際ですから調べてもう一度確認するようにして下さいね。


フクロウも縁起が良いから大丈夫

何かオブジェや落ち着きのある少し可愛らしいものを贈りたいとなった場合、フクロウを贈る方も居ます。
こちらも「良くないのでは?」と思われていますが、こちらも同じく縁起の良いモノとして有名です。フクロウ=不苦労ということで苦労が無いという意味合いになり、結婚祝いのプレゼントに選んでいる方が多いです。幸福の象徴とも言われていますし、幸福の神の化身として世界でも有名のようです。その贈り物の意味をしっかり考えることで、縁起の良いモノなのかそうではないのか知ることが出来ます。一般的に結婚祝いの時には植木とフクロウをセットにして送っている方が多いようですよ。ちなみに、植木は結婚祝いではなく新築祝いとしてベストです。