介護職に業界外から転職するメリット

介護職に他業種から転職するメリット

業界外への転職をしたいという人にとって候補にできる業界は数が限られています。介護業界は業界外からの転職者を受け入れる傾向があるのが特色ですが、転職先を探している人にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。

入り口のハードルが低い介護職

介護職の経験がない人が他の業界から転職するメリットは、一般的な業界に比べて受け入れてもらいやすいことです。介護業界では高齢者の増加によって現場で働くスタッフが不足していることが多く、猫の手も借りたい状況になっていることが少なくありません。業界を越えて転職をするのは敷居が高いと考えられがちですが、介護業界への入り口は比較的ハードルが低くなっています。高齢者のケアをする上で基本的な社会マナーやコミュニケーション能力が求められるのは確かです。社会人としての基礎を身につけてきた人であればこのような最低ラインを突破することはできます。そして、その点で問題がないと認められれば後は研修を経て現場で実務を行いながら教育してもらえる体制が整っているのが介護業界の特徴です。基本的には業界外の人にとってあまり不安がない転職先になります。

働き方におけるメリットとは

介護職に転職すると働き方に余裕を生むことができます。スタッフの数が足りていないとなると仕事が忙しくなりがちなのではないかと想像されることがよくあります。しかし、現実的には現場で働いている人として主婦層が多く、私生活にも十分に時間をかけられないと困るという場合が多いのが実情です。そのため、勤務条件については柔軟に対応してもらえるようになっている場合が多く、残業が少なめで休日出勤も特に勤務条件で定められていなければ追加で必要になることはあまりありません。また、勤務日についての条件を交渉しておけば土日を休日とすることも、平日に休みを持ってくることも簡単です。比較的有給休暇なども取りやすい現場が多いため、私生活を優先した働き方をしやすい業界となっています。現場による違いはあるので転職する際には状況を確認してから選ぶ必要がありますが、豊富に求人もあるので自分に合ったワークスタイルを実現しやすくなっています。

給料が少ないという噂と実情

介護職に転職するときに懸念されやすいのが給料です。介護業界での給料が低いというのは決して嘘ではありませんが、働き方次第で十分に稼げるようになります。平均年収が低いのには二つの理由があり、最も切実なのは介護報酬制度によって介護施設に入ってくる収入額が定められていることです。提供したサービス内容に応じて国によって定められた金額しか収入にすることができないのが介護施設であり、その水準も決して高いわけではありません。必然的に人件費にかけられる費用が少なくなりがちになって平均年収が低めになっています。もう一つの理由は私生活を優先して働いているために長時間働いていない人が介護現場には多いからです。常勤でも週に三日か四日しか働いていない人も珍しくはなく、時短勤務制度を利用している人も少なくありません。そのため、平均的には年収が低めに見えますが、一般的な企業で働いている人のようにフルタイムで働けば年収は高くなります。現場によっては夜勤があるので夜勤手当をもらうのを目的として積極的に夜に働くというのも年収を上げる方法です。副業をするのも自由なことが多いため、訪問介護などを副業として行っていくと一般的なサラリーマン以上に稼げる可能性も十分にあります。

仕事先に困らない介護職

介護職に転職するメリットとして求人が多くて仕事先に困らないという点も挙げられます。全国各地で高齢者が増えていることにより、住宅街の周辺を中心として介護施設が増えてきているからです。自宅の近くに介護施設を探すことも難しくはないため、働きやすい場所を見つけて仕事を獲得することができるのは介護業界を選ぶメリットとしてよく着目されています。転勤族の家庭にとっては特に切実な問題であり、配偶者の転勤に合わせて引っ越し先で仕事を見つけるのが簡単なのはメリットです。また、副業をしたいというときにもメリットは大きく、近隣で複数の勤務場所を探すことも比較的容易になっています。常勤で働きながら別の現場でアルバイトをして稼ぎたいという人にとっても有利な業界なのです。

業界を越える転職で考えたい介護職

別の業界で働きたいという人にとって転職は困難になりがちですが、介護業界では入り口のハードルが低くなっています。スタッフの数が不足しているので未経験者でも基本的なマナーさえ身についていれば問題なく転職することが可能です。職場を選べるほどに求人も豊富になっていて、待遇面に関しても自由度が高くなっています。私生活を優先できるようにしたいというときには適している業界であり、自分の理想としている待遇の求人を見つけることが比較的簡単です。給料についても働き方次第で十分に高くすることができるので、副業をすることも念頭に置いて業界入りしてみると理想的な形で働けるようになると期待できます。

Related Posts